We're Gonna Groove!!!

ここぞっていうときに時になんでうまくいかないのっ!?

2014.10.06

6件

DSC_0196

ああ、、、

ここうまくハマったらめっちゃかっこよかったのに、、、

今までの流れと変わって早いパッセージになったりとか
静かなところからの1発を入れるって時にすごく動きが硬くなっちゃいません?

 

それで音も不必要に固くなったり外しちゃったりしてね
あちゃーってなるんですよ笑

 

「あーもうっ!!なんで出来ないんだろうな」
って思っちゃうんですよね

 

でも1回も出来たことがない事だったら別として
出来る時もあるでしょう?

 

じゃあできてないって一括りにするのもどうかと思うんですよ

 

うまくいかない時って実際に必要な動きは起こっているけれど
その動きを邪魔しているものがあるのかもしれません

 

となると何がやりたい事の動きを制限しているんでしょう?

 

出来る時と出来ない時があるっていうのは
なんか違うことをやっているからだと思うんです

 

いつも出来ないのは、まだ技術が足りないんだと思います
その場合は練習しましょ笑
ガンバローぜ!笑

 

はい、ではここで急ですが実験です

 

「絶対頭が動かないように」と思って、ドラムを叩いてください

 

家だから出来ないよって場合は、パットでもいいです

 

それもダメなら膝の上叩きましょう

 

じゃあ続けて足の動きも同様にやってみましょう

 

両足でハイハットとキックペダルを動かすみたいにパタパタさせてみましょう

 

どうでした?

 

なんかうまく行かなかった出来ない時の感じに似てません?
スムーズに動かないとか、動作が鈍くなる感じがしますよね

 

思い通りに動かないというか

 

よし今度は、別の実験をしてみましょう

 

「頭が動いて身体全部がそれについていく」と思ってドラムを叩いてみて下さい

 

どうですか?

 

さっきと違って動きがスムーズになったと思います

 

そう、出来る時はこれをせずにやっていると思うんです

 

なので頭と脊椎の動きがスムーズにいってないと、
身体全体の動きが制限されるってことなんです

 

そうか、
だったらもっと頭と脊椎に動ける状態になってもらいたいんだけれど、どうしたらいいんだろうってなりますよね

 

さっきいい感じの時って何やりましたっけ?

 

そうです、

 

「頭が動いて身体全部がそれについていく」

 

と思ってやりましたよね!

 

別に頭をブンブンとかグリグリ動かさなくていいです

 

とりあえずは「頭が動いて身体全部がそれについていく」と思ってやって下さい

 

この頭と脊椎が自由に動ける状態が、

 

やりたい事をやるときによりスムーズになる状態だと思います

 

その動きを制限するのが

 

身体の構造の誤った認識だったり

 

建設的でない考え・プランをその動作に盛り込んでる状態

 

の時みたいです

それについては、今後書いてきますね。

 

あっ!頭が動いて身体全部がついてきてないドラマーはダメだなんていってないですからね

 

頭と脊椎が自由じゃなくてやりたい事が出来てるなら別にいいと思います

だってガチガチで超グルービーなドラマーと

 

頭と脊椎が自由で普通なドラマーだったら

 

僕はガチガチの方を選びます笑

 

ただ僕の場合は、やりたい事がうまく出来ていなかったので役に立ってます。

 

せっかくやるならやりたい事やりたいもんね!

 

楽しんでやろー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


友達になってね。

facebook twitter

最近のコメント